それぞれを比較

蟹

ズワイガニとタラバガニの違いとは

ふとしたことがきっかけとなって、カニを食べたくなることってあるかもしれません。そのような場合、カニを取り寄せるなら通販サイトを利用するととても便利です。通販サイトを覗いてみると、様々な産地や種類のカニが販売されていることが分かります。ところで、カニの通販サイトといえば、ズワイガニやタラバガニが主流となっていますが、そもそも何が違うのかと疑問に感じる人も少なくありません。ズワイガニはカニの女王、タラバガニはカニの王様と呼ばれているように、それぞれ多くの人から親しまれています。ズワイガニの脚は細めであり甲羅が小さめで、比較的滑らかなフォルムという特徴があります。味に関しては、きめ細やかな甘みがありながら深みのある旨味が特徴的です。主に富山県より西側の地域で取れ、旬は冬場となっています。そのまま茹でて食べてもおいしいですが、鍋やしゃぶしゃぶなどの具材としても使われます。通販サイトでの価格相場は、4,000〜7,000円程度です。一方タラバガニは、太い脚と大きめの甲羅、ゴツゴツした形状で棘があります。ぷりぷりとした食感が評価が高く、身が引き締まって食べごたえを感じられます。オホーツク海や海外が主な産地であり、旬は冬から春にかけてです。ズワイガニと同様にそのまま茹でても大丈夫ですが、焼きガニやバターソテーなどとして食べられることも少なくありません。通販サイトなどでは、5,000〜10,000円程度で販売されていて、タラバガニよりも若干高くなっています。